大会概要

石川県ユースサッカーフェスティバルとは

1985年の石川県インターハイ開催を控え、石川県内の高校の強化を目的に「金沢フェスティバル」として1983年に開催されたのが始まりです。1987年から「石川県ユースサッカーフェスティバル」と名称を変え、2019年で第32回目を迎えるユース年代最大級のサッカーフェスティバルです。国内の多くの選手が本大会の経験を経て、日本を代表する選手に成長しています。

レギュレーション

石川県ユースサッカーフェスティバルは、和倉ユース大会を頂点とした4つのカテゴリーに分かれており、各カテゴリーには昇降格が設けられています。

  1. 和倉ユース大会の47位・48位は次年度金沢ユース大会に降格
  2. 金沢ユース大会の1位・2位は、次年度和倉ユース大会に昇格
  3. 金沢ユース大会の38位・39位・40位は、金沢ユースチャレンジカップ(前期・後期)北陸大学カップのいずれかに降格
  4. 金沢ユースチャレンジカップ(前期・後期)北陸大学カップそれぞれの優勝チームは、次年度金沢ユース大会に昇格
  5. 金沢ユースチャレンジカップ(前期・後期)北陸大学カップそれぞれの下位2チームは、サマーキャンプ(金沢・和倉前期・和倉中期・和倉後期)のいずれかに降格
  6. サマーキャンプ(金沢・和倉後期)の1位、2位、サマーキャンプ(和倉前期・中期)の1位は、次年度金沢ユースチャレンジカップ(前期・後期)北陸大学カップに昇格
  7. ただし、石川県内のチームは除く

大会概要

主催 石川県ユースサッカーフェスティバル実行委員会
特別協賛 プーマジャパン株式会社、味の素株式会社、株式会社アストロ 他
後援 株式会社北國新聞社
運営 株式会社ワンオール、スポーツマネジメントジャパン株式会社、JAPANサッカーカレッジ
開催期間 2019年7月22日~8月20日
会場 和倉温泉多目的グラウンド(人工芝3面)、能登島サッカー場(人工芝2面)、能登島マリンパーク海族公園(天然芝)、北陸大学フットボールパーク(人工芝)、金沢大学グラウンド(人工芝) 他
競技規定 2019年度日本サッカー協会制定の「競技規定」による。
競技方法 ・試合時間は予選リーグ・決勝トーナメントともに60分(30-5-30)とする。
・決勝トーナメントでは、延長戦を行わずPK戦により勝者を決定する。(PK戦は、1人目よりサドンデスとする)
・選手交代は6名までとする。
・予選リーグの順位の決定は勝点制とし、次の順位で決定する。
 ①勝点(勝ち3点、引き分け1点、負け0点) ②得失点差 ③総得点 ④当該試合の勝者 ⑤抽選
・警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。但し、決勝トーナメントには持ち越さない。
・退場を命じられた者は、次の1試合に出場できず、それ以降の処置については、大会本部で決定する。
・飲水タイム(ランニングタイム)を設ける。但し、両チームの話し合いで省いてもよい。
石川県ユースサッカーフェスティバル2019
タイトルとURLをコピーしました